南の島のクワガタ屋

クワガタ、生き物、冒険

西表島採集記 2018 秋 1日目

小さい頃からずっと憧れていたものがある。

 

ヤエヤママルバネクワガタ

 

八重山丸翅鍬形

 

Neolucanus insulicola insulicola

 

f:id:sanosuke9991:20181119180739j:imagef:id:sanosuke9991:20181119180749j:image

 

子供向けの図鑑に載っていたその姿はよく知るクワガタと、そして"カッコいいクワガタ"とは大きく異なっていた。太短い大腮。丸っこく太った体。艶やかで透き通るような溜色。力強く、禍々しく尖った縦角……。

 

ギラファノコギリクワガタやマンディブラリスフタマタクワガタみたいに大きくないし、ハサミも長くない。

 

ニジイロクワガタやオウゴンオニクワガタみたいに派手で綺麗な色もしていない。

 

でもなんだろう、なんなんだ、このクワガタは…!!!

 

その"異形さ"に魅せられ、同時にこのクワガタが自分が住む国に居ることを知った。

 

絶対に、絶対にこのクワガタを、いつか"自分の手で"採ってやろうと思った。

 

そして私は憧れを胸に秘めたまま大学1年生の秋を迎えたのだった。

 

2018.10.24 (1日目)

 

遠征前日なんて眠れるわけが無い。

 

ワクワクと不安で頭がいっぱいで出発前から昂ぶっていた。俺は今日あの憧れの地に、西表島に行くんだ…!!!

 

なんとかリュックに荷物を押し込み7時半ごろ自宅を出発。最高の冒険が幕を開けた!

 

まずは高速バスで那覇空港まで。バス停に着いた瞬間にバスがやってきて乗車した途端に発車した。まだ10分前じゃないの…?危うく初っ端から遠征事故芸人になるとこだった。

 

車内では1/6の夢旅人を聴いていた。

 

那覇空港から石垣空港

f:id:sanosuke9991:20181119182458j:image
f:id:sanosuke9991:20181119182505j:image

うおおおお石垣島だ!!!

 

この島にも例のクワガタは生息しているが現在では採集禁止になっている。

 

f:id:sanosuke9991:20181119183039j:image

空港のフードコートで昼食。やいまそば。美味い。

 

f:id:sanosuke9991:20181119183210j:image

空港からバスで離島ターミナルへ。今回も現地での移動は原付なので荷物はこのリュックと小さなショルダーバッグのみ。

 

f:id:sanosuke9991:20181119183502j:image
f:id:sanosuke9991:20181119183507j:image

石垣島離島ターミナル。ここから八重山の各島へフェリーが出ている。

 

f:id:sanosuke9991:20181119183833j:image

出航じゃああああああ!!!

 

f:id:sanosuke9991:20181119183930j:image

屋内の席もあるのだが迷わず外の端っこの席へ。八重山の陽が眩しい。八重山の潮が美味しい(?)。バンバカ波しぶきが飛んでくる。

 

そして30分後

f:id:sanosuke9991:20181119184304j:image
f:id:sanosuke9991:20181119184311j:image

うおおおおお着いた!!!着いたぞ西表島!!!!!

俺は今!あの憧れの地の!第一歩を踏み出した!

 

港の近くでレンタルバイクを借り、ひとまずキャンプ場へ。

 

f:id:sanosuke9991:20181119184903j:image
f:id:sanosuke9991:20181119184859j:image
f:id:sanosuke9991:20181119184855j:image
f:id:sanosuke9991:20181119184851j:image

凄え、これが西表か…

 

一々風景に感動してバイクを停めて写真を撮るのでキャンプ場に着くまでだいぶ時間がかかった。

 

キャンプ場に着いたら速攻で"戦闘服"に着替えて出発!

スーパーで食料と水を買う。

f:id:sanosuke9991:20181119185534j:image

弁当売り切れてた

 

さあ、いざ山へ!

 

初日は下見の時間も無いので手軽に入れると評判の登山道へ。

 

17時ごろ到着し、暗くなる前に入山!

したものの登山道が分からずしばらくウロウロ。

 

登山道沿いにもなかなかの太さのスダジイが見られるが、乾燥していて残念な木が殆ど…。

 

GPSを片手に、良さげな木をチェックしながら時に道を外れ進んで行く。次第に森は闇に包まれていった…。

 

f:id:sanosuke9991:20181119195520j:image

f:id:sanosuke9991:20181119195923j:image

オオハナサキガエル  Odorrana supranarina

1枚目のような白っぽい個体が多かったが2枚目のような緑色の個体も見た。

 

f:id:sanosuke9991:20181119200319j:image

タイワンサソリモドキ   Typopeltis crucifer

めちゃめちゃ居る。とにかくたくさん居る。奄美で見たアマミサソリモドキとの区別がつかない…。厳つい鋏がカッコいいんだけど触ると酢酸を振り撒いてくる。臭い。

 

f:id:sanosuke9991:20181119201015j:image

オオムカデ   Scolopendra subspinipes

ムカデ屋の先輩曰く、西表島のものはバンド(黒の縞模様)が目立つためタイワンオオムカデ(Scolopendra morsitans)と間違われやすいそうな(茶色い!タイワンかな!程度の認識だった)。

 

f:id:sanosuke9991:20181119202226j:image

ヤエヤママダラゴキブリ   Rhabdoblatta yayeyamana

日本最大のゴキブリ。翅が硬そうなので"魂分類"で甲虫。カッコいい。

 

f:id:sanosuke9991:20181119202502j:image

ウルシゴキブリ   Periplaneta japanna

やんばるでは偶に見るな〜くらいの印象だったけど西表にはめちゃめちゃ居た。名前の通り艶やかで光沢のあるゴキブリ。これが遠くから見るとマルバネに見えて鬱陶しいこと鬱陶しいこと。

f:id:sanosuke9991:20181119203206j:image
f:id:sanosuke9991:20181119203202j:image

頼むから木に登らないで

 

 

そんなこんなで闇を彷徨うこと約3時間半。まあそう簡単に見つかんねえよなーとか思いつつ、次第にメンタルが弱っていく…。

 

登山道から少し逸れた大木をチェックし道に戻ろうとした時、卒塔婆のような細い立ち枯れの頂点に

f:id:sanosuke9991:20181119204029j:image

よく見慣れた、いや本当は初めて見るのかもしれない。溜色の宝石をこの目で捉えた。不意に呼吸が苦しくなる。急激に鼓動が速くなるのを感じる…!

 

背伸びして必死に手を伸ばし、"自分の手で"それを掴んだ……!!!

 

f:id:sanosuke9991:20181119204922j:image

 

うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

 

ヤエマルだ!!!ヤエマルだ!!!

 

紛れもねえ!"""俺のマルバネ"""だあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

 

今秋、本島でオキマルを複数頭観察してきた。だが彼らは法に守られ、この手に収めることはできなかった。だからこそ"採れる喜び"はひとしおだったのだと思う。

 

やらせになってしまうが手頃な場所にくっ付けて撮影。

f:id:sanosuke9991:20181119210453j:image

 

ずっとキミに会いたかった

 

本当にこの島にいるんだね…

 

「自分で見たもの以外信じない」ってわけじゃないけど、「自分の目で確かめる」ことにとてつもない価値があると信じている。

 

ヤエヤママルバネクワガタ 生息地:西表島

 

そんな無機質な情報じゃない!俺はこの目で見た…!

 

                      西表島に、ヤエマルは居る。

 

f:id:sanosuke9991:20181119211224j:image

53-4㎜の中歯。第二縦角が大歯のように板状に発達した俗に言う激中歯。幸先の良いスタートとなった。

 

しかし俺が憧れ、恋したのは大歯のヤエマル。大歯を採らなければ夢を叶えたことにはならない。

 

 

そしてまさかの10分後に

f:id:sanosuke9991:20181119211639j:image

♀!!!

スダジイの巨木の根に付いていた
f:id:sanosuke9991:20181119211649j:image

うーん、まあまあ悪くないサイズ

 

その後は追加も無く、途中から登山が目的になってしまった。標高が高くなるにつれて巨木は姿を消し、ツルアダンの海になっていった。

 

f:id:sanosuke9991:20181119212225j:image

オオハナサキガエルの卵。よく見ると卵が孵って小さな白いオタマジャクシも混ざっている。

 

f:id:sanosuke9991:20181119212348j:image

ヤエヤマヤマガニ   Ryukyum yaeyamense

 

f:id:sanosuke9991:20181119212512j:image

ベンケイガニ   Sesarmops intermedium

 

山を降り、登山口に戻ったのは1時半ごろ。早速"師"と呼べる人物にメールで初採集の報告をした。

 

まだ夜は明けていないが、初採集達成の安堵と満足感、移動の疲れで眠ってしまった。

 

 

 

(2日目に続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奄美大島採集記 2018.7.13-19 6,7日目

2018.7.18 (6日目)

 

「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ!!!!!!!!!!!」

 

早朝のキャンプ場に断末魔の叫びが響き渡る

 

帰りのフェリーの出発は5時50分、手元の携帯電話は5時47分を示していた。

 

寝過ごした…嘘だろ??

 

もはや海を眺めるしか為す術が無い。

2時間ほどボケーっと海を眺めた後荷物をまとめ、フェリー会社に電話する。

 

幸いなことに翌日のフェリーの予約が取れたのでとりあえず出発!

 

今晩も採集したいがバナトラは全て片付けてしまったし、何よりこの悲劇を繰り返す気がしてならないので自粛

 

10時にキャンプ場を発ち、名瀬市街をぶらぶら。ガリガリ君を食べながらまた海を眺めていた。

 

13時、先輩に勧められた豆腐料理屋にて昼食!!

 

f:id:sanosuke9991:20181023174641j:image

 

日替わり定食850円!めちゃめちゃ美味い!旅先ではやっぱり美味いものを食いたい

 

名瀬市街に戻り銭湯にてのんびり♨️

 

キャンプ場のシャワーは冷水だったので1週間ぶりの温かい風呂、最高だった…

 

たむろしてる地元のお爺さん方とお話ししたり、風呂上がりのコーヒー牛乳を奢っていただいたり。

今夜は宿が無いので休憩所で閉館までぐっすり。 

 

23時、銭湯を追い出されて放浪開始

翌朝の乗船まで起きていなければならない

 

夜の街をぶらつきながら取り留めもなく考え事をしたり

 

規制の波が押し寄せる今、本当は借金してでも単位落としてでもいろんな離島に行っとくべきなんだろうな。

あと10年もしたら奄美群島昆虫採集禁止なんてことも、もしかしたらあるかもしれない。種々の規制を嘆いてきたけど、この時代に生まれたことは"まだ"幸せなのかもしれない。

 

今、この島に来れて良かった。

 

2018.7.19 (7日目)

f:id:sanosuke9991:20181023192503j:image

 

f:id:sanosuke9991:20181023191702j:image

なんとか朝まで持ちこたえて(あんだけ寝たのにまだ眠いとかふざけてんのか)無事乗船!!!

 

6時、那覇港に向けて出航!

f:id:sanosuke9991:20181023192005j:image

さらば奄美大島!素敵な冒険をありがとう!

 

二等客室の畳に寝転び、その後の記憶はほとんど無い

 

f:id:sanosuke9991:20181023192309j:image

19時、那覇

 

原付で1時間、自宅に到着。

f:id:sanosuke9991:20181023192612j:image

宝物の入ったタッパー

""おうちに帰るまでが冒険""である。

 

「はじめてのぼうけん」 終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奄美大島採集記 2018.7.13-19 5日目

2018.7.17(5日目)

 

明日の早朝のフェリーで発つのでこの日が実質最終日。

 

昼過ぎに起きていつものようにバナトラの復活作業へ。

 

最終日なのでストッキングの上から容赦なくバナナを踏み潰し、真っ黒になったバナトラ汁に浸していく。

(バナトラの効果が薄れる2〜3日で交換したりなんなら別の島にも行けば良かったなーと反省)

 

f:id:sanosuke9991:20181017152320j:image

とある林道からの景色。空も海も青い。

天候に恵まれた冒険だった。

 

f:id:sanosuke9991:20181017152932j:image

全てのポイントを巡った後は奄美野生生物保護センターへ。

 

長年の"""憧れ"""の一つ、現在では採集禁止であるアマミマルバネクワガタの標本を見るなど。

来年の秋は本格的な機材を用意して撮影に行こうかなー

 

f:id:sanosuke9991:20181017153357j:image

晩飯は奄美名物「鶏飯」。最終夜に向けて英気を養う。甘辛い味付けの椎茸が…メチャメチャ美味い…!!

(ぶっちゃけ学食で食ったやつの方が美味かったな)

 

f:id:sanosuke9991:20181017154216j:image

日没を待ち、いざ最後の戦へ!!!

 

f:id:sanosuke9991:20181017154348j:image
f:id:sanosuke9991:20181017154351j:image

木の根元に掛けたバナトラを解体すると、スジブトヒラタやアマミコカブトが。

 

f:id:sanosuke9991:20181017154530j:image

高所掛けのバナトラからはアマミコクワガタの♀が!

少ないとは聞いていたがまさかここまで採れないとは…。(結局この1頭のみ)

本種は比較的標高の高い場所に多いとされているがこの個体が採れたポイントは海抜50m程度だった。

 

f:id:sanosuke9991:20181017155254j:image

最終夜のアマノコ最大個体(68㎜)、若干金粉がかっている様に見える。最終夜マジックは起こらず、ついに2日目の76㎜を超えることはなかった…。

 

 

キャンプ場に戻ったのは翌日の午前3時半。帰りのフェリーは約2時間後の午前5時50分。

 

さっさと荷物をまとめて港に向かわねば。しかしあまりの眠さにいつのまにかテントの中で意識を失ってしまいましたとさ。

 

(6日目に続く)

 

 

 

奄美大島採集記 2018.7.13-19 3,4日目

2018.7.15 (3日目)

 

昨晩は3時過ぎに帰って即就寝。

 

昼前にやたら賑やかな声に起こされて外をみると、キャンプ場には20人くらいの小さな子供たちと保護者?の方々が居た。

 

シャワーを浴びてテントに戻ろうと歩いてたらその中のおばs…お姉さんに声を掛けられた。なんでも地元の子ども会の方々でバーベキューをしているそうで、スイカと焼き鳥とおにぎりをいただいた。貧乏遠征なので本当にありがたい…

 

しばらく子ども会の方々と談笑したり男の子達に昨晩の76㎜を自慢したり笑

地元の方々も初めて見る大きさらしく、めちゃめちゃ驚いてくれた。

 

男の子「なんでクワガタ殺しちゃうの?ぼくだったらいっぱい虫かごに入れて飼うのに。」

 

俺「確かにそれも楽しいんだけど、せっかく採ったのにボロボロになって埋めちゃうのはもったいないからね。一生とっておけるように標本にするんだよ。」

 

昔は俺もデカいケースにひと夏の成果をぶち込んでコロシアム作ってたなあ…と懐かしくなった。

 

昼過ぎにキャンプ場を発ちポイントへ向かう。

 

群がるスズメバチに怯えながら(「敵意は無えんだよこっちくんなやガ○ジ!」とか一人で吠えてた)バナトラを移動させたりバナトラ汁につけて復活させたり。

 

f:id:sanosuke9991:20180824002533j:image大量のハナムグリが群がるバナトラ  通称ミラーボール。"南西諸島でクワガタ採ってる感"がしてとても感動したけどコイツら穴開けまくるんだよな…帰れ。

 

f:id:sanosuke9991:20180824003027j:imageリュウキュウオオハナムグリ奄美亜種。リュウキュウツヤに比べて一回りデカい。銀色の個体がほとんどだったがコイツは淡く緑がかっていて美しかった。

 

全てのポイントを回り16時ごろに帰還、夜戦に備えて就寝。モリヤイ(アマミホソコバネカミキリ)も狙ってみようかな、と思ってたがイマイチ興味がわかなかったので睡眠を優先した。確かに魅力的な虫だが…クワガタではない!!!

 

20時過ぎにいざ出陣!

 

どのバナトラにも昨晩より明らかに多くのクワガタが付いていて楽しかった…がチビばかり。

 

f:id:sanosuke9991:20180824010413j:image昨晩は採れなかったアマミヒラタクワガタ(写真は〆た後撮影)。7月はスジブト、8月はアマヒラと本で読んだことがあったが本当に少ない…。

 

f:id:sanosuke9991:20180824011131j:imageアマミサソリモドキの♂。ゴツい鋏と胸部がカッコいい、規則正しく円形に凹むふっくらとした腹部もキュート。

 

f:id:sanosuke9991:20180824011631j:imageバナトラや樹液に集まるわけでもなくその辺の木に貼っついてたスジブト。

 

f:id:sanosuke9991:20180824011900j:image今晩のアマノコ最大個体(67㎜)。普通にカッコいいんだけど76㎜と比べるとどうしてもね…。

 

そんなこんなで大した戦果もなく2時前には帰宅、即就寝。

 

2018.7.16 (4日目)

 

バーベキューが無かった以外3日目とほぼ同じ…どころかショボかったので割愛。強いて言うなら

f:id:sanosuke9991:20180824012725j:imageアマミヤマシギ、深夜の林道にて。今回の遠征で見られたのはこの一羽のみ。

 

某クロウサギは毎晩4〜5羽は見た(集団でいることが多かった)けど一瞬で逃げていくため写真は撮れず。

 

 

(5日目に続く)

 

 

 

 

 

奄美大島採集記 2018.7.13-19 2日目

2018.7.14 (2日目)

 

絶望の夜が明け、起きたのは6時前。すっかりテンションが下がってしまったがクヨクヨしても仕方がないので身支度を整え出発する。

 

電波の入るところまで移動し、朝食(メロンパン)を食べながら今日のルートを確認していく。

 

そして郵便局の窓口開始時間に合わせて事前に送っておいたバナナトラップを受け取りに行った。f:id:sanosuke9991:20180819030743j:image

 

…なんこれ?

 

焼酎漬けのバナナ達は発酵しきって、ビニール袋ははち切れんばかりに膨張してダンボールを突き破っていた。幸いにも袋から液体が漏れ出すようなことは無かった。局員さんは笑って許してくれたけど本当に申し訳ない…。

 

外で開封し匂いをダイレクトに嗅いでみたが、猛烈な発酵臭に鼻を槍で突かれたような感覚。うん、いい感じや()

 

適当にリュックにバナナを詰め込んで街を後にする。ちなみに今回用意したバナトラは32個(バナナ約100本)。本当は何倍も欲しいところだったが運搬手段が原付だったのでやむを得ずこの数。車ァ…

 

最初のポイントに着きバナトラを仕掛けようとすると、既に残骸と思しきものが…。f:id:sanosuke9991:20180819033451j:image

完全に乾ききっているので去年のだろうか。本当にこういう輩が居るんだな、残念だな、と思いつつコイツは回収して自分のバナトラを仕掛けていく。

f:id:sanosuke9991:20180819034646j:image

今回はノコギリ狙いなので基本的に高所へ(高所:低所=8:2くらい)。長竿を使って仕掛けるわけだが慣れないので何回も地面に落としてバナナが液体になったり自分もバナナまみれになったり…。

 

ガンガン群がってくるスズメバチ達と格闘(逃亡)したり、行ってみたら気にくわないポイントだったりで全てのバナトラを仕掛け終わったのは18時過ぎ。日中は寝るつもりだったのに…。

 

一度キャンプ場に戻り、市街地でガソリンを補給。適当にコンビニで夕食を済ませて夜に備える。

 

最初のポイントがある林道の入り口に到着すると、あることに気がつく。"怖い"のである。

 

林道とはいえ、深夜の奄美の山に一人で原付で入るのはなかなか怖い。が、執着が勝ったので普通に進んでいく。

 

ポイント1はボーズ。吊るされたバナトラには大量のコメツキムシが付いていたがクワガタはおらず。まあ初日だしこんなもんなのか…と著しくテンションを下げながら林道を後にし、次のポイントへ…向かう途中の自販機の前に大きな黒い影が落ちていた。

 

 

f:id:sanosuke9991:20180819045101j:image

 

ああああああああああああああああああ!!!

 

お前!本当にこの島にいたのか…!嘘じゃなかったのか…!!!

 

アマミノコギリクワガタ。ボロッボロの大歯65㎜。

 

もちろん大した個体ではないのだろうが…初めて自分が奄美に居ることを実感できた瞬間である。いやー嬉しかった……

 

次のポイントでは少量ではあるもののクワガタは来てくれた。f:id:sanosuke9991:20180819050330j:image

アマノコの小さいペアやf:id:sanosuke9991:20180819050449j:image

地面に置いたバナトラにはスジブトヒラタが。

 

次のポイントへ向かうため林道を下っていると目の前に"奴"が現れた。f:id:sanosuke9991:20180819050927j:image

ハブ!!!

 

通い慣れた?やんばるよりも奄美はずっと個体数が多く、気が荒いと聞いていた。

 

絶対に噛まれない安全な距離から観察を楽しんだ(普通に怖い)。初めて見る茶色のハブ。正直やんばるの金色のハブの方が好きだけど…カッコいいなあ…。

 

次のポイントに移動、また高所に設置したバナトラを眺めると…

 

ここからでも分かる、巨大な湾曲が鎮座していた…!

 

恐る恐る網を伸ばし、確保するf:id:sanosuke9991:20180819053956j:image
f:id:sanosuke9991:20180819053952j:image

「しゃあああああああああああああああい!!!!」

 

奄美の山奥に雄叫びが轟いた。

 

デケえ!何㎜あんだこれ!?f:id:sanosuke9991:20180819091705j:image

ん、思ったより小s……イヤイヤ、数値じゃねえ!今ここに居るクワガタが、俺が採ったクワガタがカッコいい!それで十分だ!!f:id:sanosuke9991:20180819092114j:image

ほらもう見てヤバいでしょコレねえねえねえ…

先端が円弧どころか畝ってやがるよ…

 

初っ端から最高の戦果を叩き出し、ホクホクで帰路についたのだった。

 

ちなみに翌日〆て計測したら76.3㎜あった。f:id:sanosuke9991:20180819092436j:image

普通にデケえじゃん。やったな、俺。

 

(3日目に続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奄美大島採集記 2018.7.13-19 1日目

大学1年の夏、私は幼少期からの憧れの地の1つである奄美大島に上陸した。狙いは"日本最大"のノコギリクワガタであるアマミノコギリクワガタ(アマノコ)。初めての遠征、全てがうまくいく訳も無かったが非常に価値のある冒険であった…。

 

〜プロローグ〜

遠征先に奄美大島を選んだのは、実は出発の10日前のことである。ご縁がありこの日はとある凄腕のクワガタ屋の方のご自宅にお招きいただいた。数々の素晴らしい標本や夢のような冒険譚に圧倒される中、とある個体に目を奪われた。

 

「あれ!あれアマノコですか!?ヤッbマジで!?見せてください!!!」

 

目の前に現れたのはもはや違和感さえ覚えるほどの圧倒的な太さ…!湾曲…!周りの個体とは明らかに違う、こんな個体があり得るのか…!?

 

初めての遠征、取りたての原付免許、日数だって限られてる。当初は比較的狭くポイントの絞りやすそうな徳之島を予定していた。徳之島のトクノシマノコギリクワガタ(トクノコ)は、アマノコには敵わない(私見)がとても魅力的なクワガタである。しかし、

 

"イチバン"じゃなきゃ意味はねえ!今行かなきゃ次は1年後、つまんねえ妥協なんかしてんじゃねえ!

 

そう思った私は熱に浮かされたように、翌日には奄美行きのフェリーを予約していた。

 

 

 

2018.7.13 (1日目)

 

そんなこんなで奄美遠征スタート!!!

 

前夜は興奮で一睡もできず(ひたすら図鑑を眺めてニヤニヤ)運転が心配だったが無事に那覇港に到着。受付を済ませ、相棒となる原付と共にフェリーに乗りこむ。

f:id:sanosuke9991:20180818235403j:image

7:00、船は那覇港を発ち、いよいよ冒険は始まった!!!

f:id:sanosuke9991:20180818234803j:image

客室はこんな感じ。"聖書"ビークワ64号日本のクワガタムシ大特集を読んでいるといつのまにか意識は飛んでいた…。

 

時々起きては甲板から景色を眺める。f:id:sanosuke9991:20180818235718j:image

地図で見ると細々してる南西諸島の島々。こうして近くで見るとその雄大さに圧倒される。

 

21:30

1時間ほど遅れて奄美大島に到着。急いでキャンプ場へと向かう。

 

道中、何度も木に張り付く大きな黒い影に目を奪われ照らしてみるもサツマゴキブリばかり。クワガタの姿を拝むことはなく、道に迷いながらも23時を過ぎてキャンプ場に到着したが…

 

・灯りが碌に無い(ほぼ暗闇)

・利用客は自分だけ

・携帯の電波は圏外

 

とりあえずテントを設営するも、クワガタは見つからないし心細いしで完全にメンタルがやられてしまったので

 

(バナナもまだ手元に無いし、下見もしてないし…しょうがないよね!)

 

と言い訳してこの晩は採集に行きませんでしたとさ。情けねー。

 

(2日目に続く)