南の島のクワガタ屋

クワガタと冒険を求めて沖縄に移住した大学生

奄美大島採集記 2018.7.13-19 3,4日目

2018.7.15 (3日目)

 

昨晩は3時過ぎに帰って即就寝。

 

昼前にやたら賑やかな声に起こされて外をみると、キャンプ場には20人くらいの小さな子供たちと保護者?の方々が居た。

 

シャワーを浴びてテントに戻ろうと歩いてたらその中のおばs…お姉さんに声を掛けられた。なんでも地元の子ども会の方々でバーベキューをしているそうで、スイカと焼き鳥とおにぎりをいただいた。貧乏遠征なので本当にありがたい…

 

しばらく子ども会の方々と談笑したり男の子達に昨晩の76㎜を自慢したり笑

地元の方々も初めて見る大きさらしく、めちゃめちゃ驚いてくれた。

 

男の子「なんでクワガタ殺しちゃうの?ぼくだったらいっぱい虫かごに入れて飼うのに。」

 

俺「確かにそれも楽しいんだけど、せっかく採ったのにボロボロになって埋めちゃうのはもったいないからね。一生とっておけるように標本にするんだよ。」

 

昔は俺もデカいケースにひと夏の成果をぶち込んでコロシアム作ってたなあ…と懐かしくなった。

 

昼過ぎにキャンプ場を発ちポイントへ向かう。

 

群がるスズメバチに怯えながら(「敵意は無えんだよこっちくんなやガ○ジ!」とか一人で吠えてた)バナトラを移動させたりバナトラ汁につけて復活させたり。

 

f:id:sanosuke9991:20180824002533j:image大量のハナムグリが群がるバナトラ  通称ミラーボール。"南西諸島でクワガタ採ってる感"がしてとても感動したけどコイツら穴開けまくるんだよな…帰れ。

 

f:id:sanosuke9991:20180824003027j:imageリュウキュウオオハナムグリ奄美亜種。リュウキュウツヤに比べて一回りデカい。銀色の個体がほとんどだったがコイツは淡く緑がかっていて美しかった。

 

全てのポイントを回り16時ごろに帰還、夜戦に備えて就寝。モリヤイ(アマミホソコバネカミキリ)も狙ってみようかな、と思ってたがイマイチ興味がわかなかったので睡眠を優先した。確かに魅力的な虫だが…クワガタではない!!!

 

20時過ぎにいざ出陣!

 

どのバナトラにも昨晩より明らかに多くのクワガタが付いていて楽しかった…がチビばかり。

 

f:id:sanosuke9991:20180824010413j:image昨晩は採れなかったアマミヒラタクワガタ(写真は〆た後撮影)。7月はスジブト、8月はアマヒラと本で読んだことがあったが本当に少ない…。

 

f:id:sanosuke9991:20180824011131j:imageアマミサソリモドキの♂。ゴツい鋏と胸部がカッコいい、規則正しく円形に凹むふっくらとした腹部もキュート。

 

f:id:sanosuke9991:20180824011631j:imageバナトラや樹液に集まるわけでもなくその辺の木に貼っついてたスジブト。

 

f:id:sanosuke9991:20180824011900j:image今晩のアマノコ最大個体(67㎜)。普通にカッコいいんだけど76㎜と比べるとどうしてもね…。

 

そんなこんなで大した戦果もなく2時前には帰宅、即就寝。

 

2018.7.16 (4日目)

 

バーベキューが無かった以外3日目とほぼ同じ…どころかショボかったので割愛。強いて言うなら

f:id:sanosuke9991:20180824012725j:imageアマミヤマシギ、深夜の林道にて。今回の遠征で見られたのはこの一羽のみ。

 

某クロウサギは毎晩4〜5羽は見た(集団でいることが多かった)けど一瞬で逃げていくため写真は撮れず。

 

 

(5日目に続く)